SiteMap

ベッドを補修するコツについて

青い家

家具の中でも、ベッドは特に部屋からの出し入れに手間取るものの1つでしょう。そして毎日使うものですので、壊れたならば自分たちで何とかしたいものです。
ベッドはその上に人が立つことを想定していないものですが、壁際に置いたベッドやハイベッドでは寝具を敷く際にどうしても踏み歩かなくてはならず、その際に底板を踏み抜いてしまうことがあります。これは5mm程度の合板を使って底板を補強してやることで対処できます。底板を裏返したら、新しい5mm合板を桟の囲みにはまる寸法に切り出してやります。そしてラワンの角材を打ちつけ、コの字断面の補強材をつくり、破れた底板の破片は無理にはがさず、平面に押さえておきます。この補強材を釘で底板の桟や枠に打ち付けます。コーススレッドでは布地がネジに巻きつくので、布に穴を開けるなどの処置が必要となります。
また、古いベッドでは全体が揺れたりきしんだりすることもよくあります。揺れに対しては、組み立てネジを探して1つずつを増し締めすることになります。また、ハイベッドでは筋交いがついていますので外れていないかを点検しましょう。きしみ音だけであれば、底板の周りの隙間にボール紙を挟んで対処するのもいい方法です。

三つの家

ダイニングテーブル補修のコツ

家具の中でも、家族全員が使うものの1つにダイニングテーブルがあります。いつも使う家具ですし、出し入れするのにも手間がかかりますので、よっぽど壊れたのでなけ…

MORE ▶
青い家

ベッドを補修するコツについて

家具の中でも、ベッドは特に部屋からの出し入れに手間取るものの1つでしょう。そして毎日使うものですので、壊れたならば自分たちで何とかしたいものです。…

MORE ▶
カラフルな家

タンスを補修するコツについて

家具の中で使用頻度が高く、かつ家族みなが使うものの1つがタンスです。よく使うがゆえにトラブルが起こりやすい家具でもありますので、補修する際のコツを覚えてお…

MORE ▶
紙の家

新しくこたつを購入

私は自分の部屋に小さなテーブルは置いてあるのですが、冬の暖房器具といったら小さなヒーター一つでした。なので冬の寒い時期になるとリビングにあるこたつで過ごす…

MORE ▶